So-net無料ブログ作成
検索選択

2016 J2 第4節 松本山雅FCvsジェフユナイテッド市原・千葉 [Home]

普通はあり得ない、開幕アウェイ3連戦を1勝1分1敗の5分で終えた山雅。
勝ち点4,10位。
毎年、立ち上がりはよろしくない中でも、まあ最低限の結果ですかね。

そんななか、アウェイまでは行けなかった人たちも待ちに待ったホーム開幕となりました! 
160320_0002.JPG
迎えるは、23人放出・20人加入という前代未聞のオフを経て、なんと開幕第3節にしてスタメンが全員新加入!
そんな入れ替わりした割には2勝1敗と意外と崩れてない。

そして、元山雅戦士4名もその新加入に含まれる、ジェフユナイテッド市原・千葉を迎えてのホーム戦。 

160320_0001.JPG 
2016初ホームゲームということもあり、待機列抽選には結構な人だかり。
(でも正直、2015の混雑ぶりを体験したせいか「多いけど少なく感じる」というヘンな感覚でした)

160320_0003.JPG
入場後スタグル漁ってると、今月就航したばかりのシルバーのFDA10号機!

160320_0004.JPG
そしてバクスタ側には選手ごと(全員じゃないけど)のバナーが!
あらゆるプリントをエプソンで。」のコピーが誇らしい(^^)

160320_0005.JPG
試合前には、信州ゆかりの方々 御嶽海、串田和美(芸術館長)、オリラジ藤森 からのビデオメッセージが!
御嶽海なんて最後「OneSou1!」で締めてくれた!(シャッターチャンス逃した)

160320_0006.JPG
そして今季目指している、J1に上がった時に通用する為のモデルチェンジ、つなぐ。
それと連動する、ピッチへの水撒き

これまで他のアウェイ先の会場では何度も見たシーンだけど、アルウィンでは正直初めて見ました!
知識としてスプリンクラー設備あること自体は知っていたけど、実際目の当たりにすると「おぉー」って声が出てしまいました(^o^;) 

そんなこんなでキックオフ!
160320_0007.JPG
さあ行くぜっ! 

前述のように、今年の千葉には元山雅戦士が4人もいます。
その中でも、開幕後3人がほぼ常に出場しています。

この日は大久保裕樹を除く3人がスタメン出場。 

多々良 敦斗。
160320_0008.JPG
2010シーズンに新卒で当時JFLの山雅に加入。5シーズンを共に戦いました。 

2015年はV仙台(J1)へ移籍、そして今年も相対する事となりました。 

吉田眞紀人。
160320_0009.JPG
2013シーズンに山雅へ名古屋(J1)から期限付き移籍で加入。
山雅に居ない高い足下の技術を持ったFWとして期待されたが、反さんの構想になかなか絡めず1試合のみの試合出場でした。
ただ彼本人には貴重な経験だったようで、未だに選手名鑑に「影響を受けた指導者:エルシオ」と記すほど。 

そしてこの男。 船山貴之。
160320_0012.JPG
2011途中に栃木SC(J2)から当時JFLの山雅へ期限付き移籍加入、J2昇格の原動力となる。
その後J2の3年連続2ケタ得点、3年連続ハットトリックと結果を残しJ1昇格の原動力となったのは記憶に新しい。

2015シーズンは新たな成長を期し川崎F(J1)へ移籍…も、無得点のままJ1初シーズンを終える。

・・・と思ったら2016シーズンはあっさりとJ2千葉へ移籍。
この経緯が多くの山雅サポにはモヤっとしてるようで、選手紹介時に多々良・眞紀人には拍手も、
船山の時だけは珍しくブーイングが入り混じっていました。

でも相変わらず的に回すと怖い・嫌らしいヤツでした。

160320_0011.JPG
なんか手癖など、マリーシア的なのも多くなってたような気がしますが…
このシーンはひどかったな。カード出てもいいくらいと思ったけどね。 

160320_0010.JPG
この試合では守備陣も怖いシーンはそう多くなく奮闘していました。
飯ちゃんもこのシーンなんか速かったよー。だれだ「飯田脚おせー」なんて言ってた小学生はっ! 

160320_0013.JPG
この日も今シーズン課題の決定力不足は健在(´・ω・`)
大きな武器のセットプレー、CKから當間ヘッド(ショルダーだったけど)!..はクロスバー。

つなぐサッカー=遅攻→相手のDFブロック整ってからの攻撃→崩す工夫・戦術が必要
→持ってなくて苦労する

と、今までこういうものを持っていないという事が顕在化。 

160320_0014.JPG
イシも活きのよさはあるものの、やはり相手のプレッシャーがかかる中での決定力がまだ。
一発決まればケチャドバになってくれるはず。期待していますよ!

試合はチャンスはつくるものの、シュート数ほど決定的なものもなく0-0で進んだ後半56分。
それまで飯ちゃんはじめDF陣が「船山に危険なエリアで自由にさせない」ようやってきたのが
一瞬の隙。
160320_0015.JPG
シュート→ブロックのこぼれ球をこの一連のプレーの起点となったボランチの選手にボレーで押し込まれ、失点。

その後は怒涛の攻撃。
160320_0016.JPG
隼磨からも何本もいいクロスが入るも合わず。決められず。

終盤に投入された大然も、ライン際までえぐってのいいグラウンダークロスを入れるも、中で大貴が合わせきれず。160320_0018.JPG

160320_0019.JPG
隼磨のファーへの優しいドンピシャクロスに那須川合わせるもブロックされる。

終了間際のCKでは、196cmGKダンも上がってきてのパワープレーも実らず、タイムアップで今季2敗目。

 

試合終了後の一コマ。
160320_0020.JPG
エルシオの元には、船山・眞紀人・多々良が次々と近寄りハグ。ほんとにいい関係だったんだなと。 

160320_0021.JPG
眞紀人と多々良は終了後、山雅ゴル裏へ挨拶に来てくれました。
船山は…まああのブーイングもあったしそもそもアイツの性格的に来ないだろうなあ、と思ってたけどね。

 

この4試合での結果。 得点 2、失点2(PK1)。
4試合失点2は悪く無いと思うんだけど、いかんせん得点が取れなきゃ勝てない

「失点しなければ絶対負けない」って飯ちゃんは言っていたけど、
「得点しなければ絶対勝てない」のも事実。

今日の千葉の11番のように、あまり精度は高くなくても撃ちまくって19得点を上げた2014シーズン。
そういう思い切りの良さが得点には大事なのではないかなあ、と。

今シーズン、”つなぐサッカー”にチャレンジしているチームだけど、それって相手の守備が整ったところで
シュート撃つ訳だから難しさも高まってる。
なのに、最後のフィニッシュのところでもその意識が働きすぎて、思い切りが足りない気がする。
横浜戦の大貴の1点目なんか、思い切りこそが産んだゴール。
あれも、中に入ってくるの待って折り返してラストパス、なんてやってたら決まってなかったと思う。

なにより、私のようなシロートサポ的には、とにかくチャンスを見出したら撃つ!
撃たなきゃ入らない!そういうわかりやすい頑張り具合がツボだったりします。 
確率低けりゃ数を撃とうよ!

ここからの上昇、特に攻撃陣の覚醒[爆弾]!を期待してますよー!
特に崇兆は1点入れば大化けしてくれるはず!

て事で、未だ今季のユニがまだ オーダー出来ない状況です。
はやく、今季気持ちを載せていく選手を決めたいなあと思いつつ、
次の山口戦は参戦出来ず、アウェイ長崎も行けないし、出来れば4/9ホーム徳島では
2016ユニのデビューとなっているといいですねえ…


2016 J2 第3節 清水エスパルスvs松本山雅FC [Away]

怒涛の開幕アウェイ3連戦もいよいよ最終。
開幕で熊本に敗北も、先週の横浜FC戦で勝利し五分に戻しての3戦目。

さあ勝ち越してホーム開幕戦へ臨む!って気合い入れて、
オリジナル10として初のJ2を戦う、清水エスパルスの本拠地IAIスタジアム日本平へと乗り込みました。
160313_0006.JPG

前節横浜戦と違いキックオフは13時。
近いとはいえ、やはり駐車場とか考えて朝5時に出発
長野道~中央道~中部横断道~国道52号と約180kmの道程を3時間弱で走りきり、
先に仲間をアイスタへ降ろして昨年と同じ民間駐車場へ8時過ぎに到着
160313_0001.JPG
もう結構な台数が入っていました。

ここからアイスタは1.5km、高低差約30m、徒歩20分ほどのかるーい登山。
程なくして到着。
160313_0002.JPG

昨年咲いていた桜はまだでした。

が、その代わりと言っては何ですが、去年は見えなかったあの山が!160313_0003.JPG
160313_0005.JPG

富士山!!!!!
そして海!!!

信州人のテンション上昇2大アイテムの揃い踏みやーー!!!\(^o^)/

とりあえず待機列を確保したのち、スタまわりをお散歩。 

160313_0004.JPG

結構そこら中で行われてる、選手監督ののぼり。
ワンちゃんも凛々しく佇んでおりました。 

そしてキックオフ2:30前の10:30に入場開始。
朝5時の出発だったんで、そろそろお腹も減ってきておりましたので早速スタグルを。

 160313_0007.JPG

最初は「桜えびしらす丼」を狙ってたんだけど、並んで待っているうちにこいつの香りに
やられました。「桜えびかき揚げ丼」!
しらすも捨てがたかったけど、生しらすじゃなかったんでねー。 旨かったー(^^) 

腹ごしらえも済んだとこでビジョンを見ると、選手のインタビューやら。
こういうスタ内でのサポの気分の盛り上げ方、流石ですね。 

160313_0008.JPG

この日はやはり、ワンちゃんのインタビューもがっつりやっていました。
けど、残念ながらこの日は怪我で欠場とのこと。残念。

清水さんのゴル裏どまんなか上方にはなにやら数字が。
なんだろ。
160313_0009.JPG

と思って、あれかなあ・・・と思って調べてみたらビンゴ。
昨年、エスパルスのJ2降格が決まった日です。「この日の悔しさを忘れるな!」という意味合いでしょうね。

シンプルな中にも、ゴル裏の意気込み・気合いを感じるダンマクでした。

そんなうちにピッチ練習が始まる。
ここでは、GKが一足先に、でなくて、全員同時に登場。
横浜戦でも見てたけど、やはりコーチが代わって練習方法も様変わりしていました。
(特にGKは全く違う)
160313_0010.JPG

そしてまもなくキックオフ。

160313_0011.JPG
清水区のゆるキャラ「シズラ」がキックインセレモニー。
清水サポが、GK前にやる「ぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉおおおおおお~」ってのに合わせて、
こういうノリ大好きな山雅サポも一緒に盛り上げましたよ。

160313_0013.JPG

さあ、いくぜ! 

160313_0012.JPG

頼むぜ、ダン!!

試合は、清水が実に怖さもなんもかも引っさげてこちらのゴールへ襲いかかる。
守備は昨年から継続でがっつり堅ーく守っていました。
160313_0017.JPG

當間も、飯ちゃん的にはまだまだ、との事だけど、でもまだまだ伸びしろがあるってこと。
この日も相手のパスを読んだインターセプト数本とかいいシーンを見せてくれました。 

160313_0014.JPG

この↑きーやんの身体投げ出してのシュートブロック、”ザ・山雅”って感じですよね(^^)b 

一方、攻撃のほう。

160313_0015.JPG

昨年の無力さを反省し、J1でも戦える攻撃力・ビルドアップはまだまだ試行錯誤中。
オビナが負傷離脱中の中、トップで収めるのは大貴でセカンドトップにイシ。

でも、イシが持って持ち込むもなかなか全体の押上げ・サポートには至らず、
ドリブル中に清水DF3~4人にあっという間に囲まれて奪われるシーンが何度も。
この辺はまだまだカタチがみえて来ないですねえ・・・

でも終盤のこのプレー。

160313_0018.JPG

タッチライン際のボールを出さずに拾い、その勢いを殺さぬまま、 

160313_0019.JPG

相手を振り切り中へクロス!
得点にはつながらなかったけど、ワクワクさせてくれたシーンでした。

そのうちカタチになってくれると信じております。

試合は清水にバンバカシュートい撃たれたものの、不思議とヤベ!怖え!ってのがそれほど多くなく、
比較的不安は少なかった気がします。

反面、攻撃ではシュート3本で、しかも全然”脅かす”感じはありませんでした。
そんな中で0-0ドローに終わったのは、かなり頑張った結果なのかも知れない。

飯ちゃんだったか、「点を取られなければ絶対に負けない」のがサッカーのルール。
でもさ、「点を取らないと絶対に勝てない」のもサッカーのルール。 

このままではアカンですよ。・・・

試合後は、早めの夕飯とおみやげタイムの為、エスパルスドリームプラザに立ち寄りました。160313_0020.JPG

ここで、なんと! 

160313_0021.JPG

アイスタでは”生”で無かったので見送った桜えびとしらす丼」にここで出会う事ができ、
いただきました。この丼、正直なところ丼とは言えない”お茶碗”的サイズでしたが、握りが六貫ついて
そこそこリーズナブルなお値段でいただけ、満足ののちに帰宅(^^) 食の面では、ね。

このアウェイ3連戦で、1勝1分1敗、勝ち点4。10位。

まあ物足りないけど、”最低限”の結果、と言えるでしょうかね。
守備がある程度の安定感を感じられるのがいいところだけど、
総合評価、及び攻撃面では、”気持ちのこもったプレー”って部分が、横浜戦でちょっと盛り返したと思ってたのに、なんか熊本戦での”物足りなさ”が戻った感を受けました。

個人的に「最初の3戦で今年気持ちを込める選手を決め、ユニを注文する」ミッションを延期しました。
現在4~5人候補いますが、このままじゃ。

次はいよいよホーム開幕戦。
ウチとは逆に、攻撃は個人能力で一旦克服して結果を出している、元山雅戦士も4人もいるジェフ千葉を迎えます。

気持ち高めて、[パンチ]気合い入れて行きましょう!!

 

[移動記録] 
・走行距離 363km
・移動時間 3:00くらい+3:30くらい
 往路 5:00広丘→塩尻IC→増穂IC→国道52号→8:00頃 アイスタ (休憩2回)
 復路 15:40頃 民間P→16:15エスパルスドリームプラザ(夕飯など)18:00発
     →52号→増穂IC→塩尻北IC→21:05広丘
・交通費 8000円/台 
 有料道路(ETC):3670円(1770+1900)、ガソリン:3200円、駐車場:1000円(民間)+210円(ドリプラ) 

2016 J2 第2節 横浜FCvs松本山雅FC [Away]

開幕戦。
新たなスタイルをモノにしようともがきながらも、PKの1失点を覆せず0-1敗戦。

まあスタート躓きは伝統芸みたいなもんだし (おい)

開幕アウェイ3連戦の2戦目。
まだ3月あたまだってえのに日曜夕方17時キックオフ

J2の厳しいのは日曜だってとこなんですけどね。月曜つらくて。
でもそんな事で折れません。ブレません。
今季初勝利を必ずや! って事で、横浜FC戦、行ってきました!
160306_0005.JPG

数日前から天気予報とにらめっこしてたけど、なかなか雨マークが消えず。

覚悟して、「ならば列整理ない時には車内待機したい」と、最寄りP確保を狙い朝6:30に出発。
9:30すぎに到着して狙い通り、しかも2Fが屋根となる1F部分を確保(^^)
(というか、この駐車場、結構すぐ埋まっちゃうんじゃ・・と思ってたけど、12時位でも空きあった(^^;) 
 
160306_0002.JPG
待機列はまだ場所の準備が出来てなくて、仮待機列の状態でした。
 
160306_0004.JPG
桜、咲いてましたよ。 
 
10時にようやく待機列区画オープンで、一息。 
しかしここからは17時キックオフまで7時間強!入場の15時までも5時間もある。
 
じゃあ、ここでいっぱつ中華街とかでも繰り出すか!...といきり立つも、
「列整理を13時から行いますので、12:30頃には列にお戻りください」と無情な係員の方の声。 
 
あんまり時間ないやん!
て事で、”信州グルメ王”をリーダーとする7人ほどのパーティーでバスで横浜駅まで。
狙った有名点心の”鼎泰豐”には開店前の30人ほどの待機列!に心折られ、
続いて目指した家系有名ラーメン店”吉村家”に向かうも、ここでも40人超の待機列。
 
途方に暮れた我々の目にとまった、道挟んで向かいのラーメン店「横浜屋」へ。
なぜか「朝いちラーメン」で650円のラーメンが500円でいただけました。美味しかった(^^) 
 
160306_0003.JPG
この後は腹ごなしを兼ねて、ニッパツを目指して”都市登山”。後で調べたら、高低差40mでした! 
 
しばらく待ったけど15時から入場。
なかなか空きがないので奥へ奥へ、と進んで行き辿り着いたとこは、 
160306_0007.JPG 
なんとコールリーダー・リズム隊のいるブロック!超コアゾーンでした(^^;)
ニッチロー’氏も居ました。
 
160306_0006.JPG
そして16:20ころ、GK練習開始! 
 
ぎっちぎちの山雅ゴル裏に比べ、対面のホーム横浜サイドは閑散とした状態
まだゆったり来るのかな、と思ったけど、その後もそんなに来ず、ゴル裏は5~6割といったところ。
 
なんか「こっちのが多い!ホームジャックだー!」なんて感情よりは、
大丈夫かな..、という心配、そして寂しさのようなものを感じてしまいました。
天気予報のせいだったか、山雅に魅力がないせいなのかも知れませんが、かつてそこに居たはずのサポさんに
戻ってきてもらいたいなあ、と。 
 
そんなこんなで17時を迎え、ようやく今季初の生山雅公式戦! 
160306_0008.JPG
さあ、いくぜ!
 
先週の開幕戦、TVで見てた私には、昨年までの頑張り具合が影を潜めていた我が山雅。
さて、どんなゲームを見せてくれるのか。
なんて思っていたら・・・ 
160306_0009.JPG
いきなり開始40秒ほど、きーやんからDFライン裏を狙ったロングフィードに抜け出た大貴が、
難しい角度のないとこからニアを抜いて逆サイドネットへズドン!
いきなりの先制ーーーーー!! *\(^o^)/* 
 
その後も山雅ペースで試合は続く。
しかしこの辺で、予報では一段落したはずのものがポツリ、ポツリと。
そのうちスコール並のかなりの量の雨~(´・ω・`) 
160306_0010.JPG
しかし戦士達はそんなん気にせず走り続けます。
そしてこの豪雨の中のCK。
宮阪の右脚が放ったキックはゴール前の飯ちゃんの頭が捉え、ゴールネットを揺らす!!
追加点です!2-0!!
 
昨年はなかなか合わず、多分1~2本くらいだったFK,CKからの飯ちゃんヘッド。
祐三とはなかなか合わなかったセットプレー、宮阪と飯ちゃん、なかなか相性いいかも(^^) 
 
160306_0011.JPG
 
この日は全般的に前節熊本戦と比べ、戦う気持ちを発信してくる選手が多く感じました。
 
160306_0012.JPG
まずはきーやん
まあ彼の場合はあのファイターぶりが持ち味な訳ですが、やはり心震わせてくれます。
 
160306_0013.JPG
そしてイシ。
昨年、私は彼の番号を背負った訳ですが、今年はアタマからチャンスはもらっています。
大化けまであと一息!
 
160306_0015.JPG
そしてなんといってもこの日光っていたのは大貴
いきなりの先制点はもちろんのこと、2年前は途中で切れてしまっていた電池も
フルタイム持つように進歩し、山雅サポ好みな”必死さ”を発信してくれていました。 
 
160306_0016.JPG
 
160306_0018.JPG
終盤、PA内で飯ちゃんの”肩から胸”にかけてボールが当たったのでPKを献上。
も、ダンの、選手の、サポの気合が届いたか、ミスキックを誘って失点回避! 
 
160306_0019.JPG
この日の入場者は4649人。
山雅サポがおよそ2500人と言われていたので、過半数は山雅サポだったという事。
やはり、ちょっと残念ですよね...。 
 
160306_0020.JPG
試合はそのまま2-0で終了!今季初勝利です!
まだまだ選手たちは厳し目な顔立ちですね。いいよ!
確かに後半は押されてる感じだった。でももっと喜んでもいいよ! 
 
160306_0021.JPG
 
 
開幕アウェイ3連戦。
1勝1敗の五分まで戻し、3戦目は去年も戦った清水エスパルス。 
 
イシに恩返し活躍してもらって、上向き[右斜め上]でホーム開幕へ向かうでー!!! 
 
 
今シーズンから、今後の為に記録残そうと思います。 
[移動記録] 
・走行距離 455.5km
・移動時間 3:00+3:45
 往路 6:35広丘→塩尻IC→三ツ沢IC→9:30ニッパツ (休憩2回)
 復路 19:15三ツ沢第2P→保土ヶ谷IC→塩尻北IC→23:00広丘 (休憩2回、食事・着替え込)
・交通費 14610円/台 
 有料道路(ETC):9200円(4550+4650)、ガソリン:3800円、駐車場:1610円 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。