So-net無料ブログ作成

2015 J1 2nd第15節 松本山雅FCvsサガン鳥栖 [Home]

残り3試合。
TOP15に向けたライバルとの勝ち点差、5。

相手次第の他力本願。て事は、俺らのやる事はただひとつ。
他がどうであろうと、目の前の戦いに勝つ!それを続けた先に結果がある。

勝ち点差6、サガン鳥栖をアルウィンに迎えました。
151024_0004.JPG

大事な、文字通りOneSou1になって立ち向かうべき一戦。
OneSou1⇒一心 のダンマクはサポみんなで寄せ書きしての掲示となりました。
151024_0001.JPG

この日は仲間がなんとここ一番で63番を引いてくれ、こんな眺め。
Gate1では昨年の横浜FC戦の8には及ばないものの、やや落ち着かない(^^;)
151024_0002.JPG

そしてその63番で入場し、せっかくなので濃いめのとこを目指して向かったら、
なななんと!!
151024_0006.JPG
こんな大変なところに来てしまいました。
目の前にリズム隊とコルリダ!

おまけに左にはバンデーラも降りてきました。
こりゃ、いつも以上に跳ねてバモらんといかん!

ともあれ席を確保してサブグランドでのイベントへ。
バブルサッカー体験やってたけど、あれ、やってみてえなー。
骨折とかしなさそうだし(笑)
151024_0003.JPG

試合開始直前、
隼磨って目を閉じて、天に向かってなにやらつぶやいてるんだよね。
そして胸のエンブレムに手をあてて。
151024_0007.JPG

さあ、行くぜっ!!
151024_0008.JPG

試合自体は鳥栖・山雅ともハードワークを売り物とするチーム。
結構激しい当たりで来ていたものの、この日の主審はフィジカルコンタクトにあまり吹かないタイプ。

それでもPA外のそこそこいいとこでFKを獲得。
多分ニアを狙った祐三のキックは壁に阻まれました。清水戦の再現ならず。
151024_0009.JPG

ボギョンに加え、工藤まで故障で欠いたシャドーボランチには岩沼が入る。151024_0010.JPG

村山も思い切った飛び出しで、PAギリだったこの球にはヘッドで勇敢に先に触る!
151024_0011.JPG

とにかく押す!推す!
151024_0012.JPG

この席ならでは。
スネアドラムのスティックもかなりの戦いの痕跡を残していました。
151024_0013.JPG

オビナはハイボールを勝ったり負けたりだったけど、キープよりもこの日は突破に可能性を感じました。
151024_0014.JPG

祐三のロングスローも、警戒・研究されなかなか見せ場になってこれない、さすがJ1。
でもこれを乗り越えねばな。
151024_0015.JPG

そんな中、早いスローインから隼磨の速いクロス、
ダイアゴナルに走りこんだ安藤がボール先に触って遅れたDFに蹴られてPK獲得!

オビナが落ち着いて、GK林が蹴る前に前に出て、しかも方向も当てられるも
届かない右上隅かつスピードで決めて先制!!!151024_0017.JPG

その後は、相手は後半途中に投入された豊田に長めのボールが増えたような。

基本ついてたのはきーやんだったと思うけど、セットプレーでのハイボールの
競り合いは飯ちゃん。

151024_0016.JPG 

しかし、さすがは現役元代表(←変な表現?)。
こちらの誇る飯ちゃんになんどか競り勝たれ、セットプレーから競り負け折り返された
ボールにヒールで浮かされて追いつかれる。

勝たなきゃいけないウチは、前田が得意の形でカットインからのシュートを狙うも
芯を捉えられず力ないシュートはGK正面へ。
151024_0018.JPG

そんなしてるうちに、水沼と豊田のワンツーで見事に崩されて逆転を食らう・・・

この時、心折れてしまった選手たちがいました。
ゴル裏も、折れてしまった人が多くいたと思います。
自分も一旦は折れかけた。

でも、こんな時にもう一度火を点けるのがサポの役目。
「立てーっ!!戻れーっ!!まだ終ってねーぞー!!」 
と、ひしゃがれて出ない声を絞り出した。

しかし、その後必死の攻め、ゴル裏も必死の応援を繰り出すも、そのままタイムアップ。
151024_0019.JPG

1-2で敗戦、勝ち点は27のままとなりました。
151024_0020.JPG

この結果、勝ち点は伸ばせず27。残り2試合、最大到達勝ち点は33。
15位は、前節戦った新潟が負け、同じ33。

残り2試合に山雅が2勝し、新潟が2敗し、得失点差8を縮めねばなりません。
新潟が最小失点(-1×2)で負けなら、山雅は7点取る事を考えねばならない。

そしてこんな後でも、最終節までまだ2試合、1ヶ月あるのに、
ホーム最終戦と言う事でエンディングセレモニーが開かれました。
151024_0021.JPG

神田社長の挨拶に続き、反さん。
この挨拶に、ひとつ気に入らないところが。

反さん、まだ終わってないんだ。謝らないでくれよ。
精一杯やってきたのも知ってるからさ。あと2つ、やってやろうよ。
151024_0022.JPG

続いての挨拶はムラ。
151024_0023.JPG 

「可能性が0.1%あるまであきらめない、一緒に奇跡を起こしましょう!」ってムラは言った。

もちろん、サポだって諦めないよ。

でも、可能性が無くなったって、戦う事をやめない。
目の前の戦いに 、必死になって戦う。

そんな彼らが好きだから。
そんな彼らに惹かれて、ゴル裏でバカみたいに声出して跳ねてんだから。

だから、可能性がゼロに限りなく近くたって、ゼロになったって、
フヌケた戦いしたら承知しねえよ!

神戸にはかつて天皇杯、J2で随分貯金してるはず。
今年1stで2点ほどおろさせてもらったけど、ここで一括引き落としさせてもらわなきゃ。 
当然、奇跡起こす気満々でOneSou1
になろうよ!

[手(グー)]いまこそ共に行こう 俺たちのマツモト! 
いまこそ共に戦おう! 俺たちの松本! 
151024_0024.JPG


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

2015 J1 2nd第14節 アルビレックス新潟vs松本山雅FC [Away]

説明のいらない大一番。
自動降格圏を挟んだ直接対決。
勝てば勝ち点で並ぶ。負けると残り3試合(=Max勝ち点9)で勝ち点6差となる。

片道280㎞ほど、でもほぼ高速乗りっぱなので3時間強ほどの道。
朝8時半に出発、1つ手前の新潟西ICで降り、昼食&海鮮土産Getしての13時頃 
ビッグスワンへ乗り込んできました
151017_0001.JPG

ビッグスワンと言えば、2002日韓ワールドカップ開催時の競技場。
その記念館も内部に併設されています。
151017_0002.JPG 

キックオフ2時間前開場ながら、入場スピードは遅めで、おそらく全体の4分目あたりにいたと思われる我々が入場出来たのが開場から35分後ころ。

席確保した後、来場ポイントつけて中部日本横断シリーズスタンプラリーのスタンプ押して、外へスタグルで腹ごしらえに...なんて思ってゲート方面へ向かうと・・・

人が沢山集まってて、どうやら大一番に向け、久々の決起集会が開かれる模様!!
スタグルは後回しでこっちに合流。

SEE OFFから始まり、最後は地域時代を思い起こすような勝利の街での入場行進
途中、村山チャント横揺れverの練習も挟んで。ムラ横はアウェイ名物になるかもね(笑)
151017_0003.JPG

始まった17時20分過ぎ(開場後50分)時点でも、まだ多くの人が入場し切れていない事態でした。
3万、4万人という人を10年近くさばいてきた運営とは思えませんが・・・
ある意味アウェイの洗礼でしょうか(^^;) 

決起集会終わって目をつけてたスタグルへダッシュしたものの、長蛇の列となっていて断念。

でも入場時にはひとりひとつずつおにぎりいただきました。
スタグル断念したけどこれですきっ腹を抑えていざ戦いへ!
151017_0005.JPG

さあ、試合いくぜ!
151017_0007.JPG

試合の入りはあまり良くなかったけど、すぐに安藤の突破・クロスからのオビナ反転シュートも守られたりと盛り返す。 

相手の長身FW指宿にはきーやん他ハイボールでは飯ちゃんが、などで対応するものの、フィジカルすげかった。
151017_0008.JPG

この日は「長身FWを見に来た」とのハリルホジッチ代表監督もいました。
すみません、ウチの10番は帯同してませんよ( ̄▽ ̄)151017_0011.JPG 

前半、左からFKで祐三が蹴ろうとしたら、 
・・・まさかの照明トラブル!(写真右上のバクスタ上段)
かつて電力会社の名前をネーミングライツで背負ったスタとしてはちと恥ずかしいのでは(^^;)
151017_0009.JPG

どちらも必死。
新潟のセットプレーをクリアする際にオビナが相手と工藤をなぎ倒してクリアで、3人ダウンなんてシーンも。
151017_0010.JPG 

先発の前田。
オビナと2トップ的なポジション、ところどころ光るところは見せてくれたものの、
キツい新潟のプレスになかなか決定的なシーンを作れない。
151017_0012.JPG

祐三も相変わらずの運動量を見せるも、なかなかボールを収めきれず。
151017_0013.JPG

左サイドの安藤の上下運動量、攻撃参加でいいクロスを上げるなどの活躍もあったものの、得点には繋がらず。
151017_0015.JPG
151017_0017.JPG

反さん、考える。
151017_0016.JPG

2点先取された終盤、飯ちゃんをあげてパワープレーに出るもチャンスを作り切れず。
でも相変わらずの空中戦の強さでした。
151017_0019.JPG

途中出場の石原。
スピードに乗ったドリブルや突破を試みるものの、もう一層の強さ、体幹を鍛えて簡単に倒されないように
頑張って欲しいなあ。
151017_0020.JPG

結局、0-2のままゴールネットを揺らせずに試合終了・・・
151017_0021.JPG

一部苛立つ表情を見せた選手もいたものの、ここは抑えて次に向かわなきゃいけない。
151017_0022.JPG

バイバイ、ビッグスワン。
次に来る時は、必ずや勝ち点持って帰る!!
151017_0023.JPG

勝ち点3は新潟の手にわたり、新潟は一気に13位に順位をあげました。
6点差がついてしまいました。

残り3節。
最大で得られる勝ち点は9、最大到達点は36
理屈上は 15位神戸(32)、14位鳥栖(33)、13位新潟(33)、12位仙台(35)、11位甲府(36)までは
まだわからない訳です。 が、まあどっちにせよ他力本願ではあります。

考えたって仕方がない。

とにかく、ひとつひとつ目の前の戦いに勝つ事。
それを繰り返した先に、結果はついてくる。

試合終わった後、この日の遠征仲間の後方の席の年配の人が、
選手に向かっての罵声が吐かれていたようです。なにを言っていたのはハッキリわからないのですが、
それを聞いた仲間、普段温厚な方なのですが、声を荒げて

「サポがそんな事言ってちゃいけないでしょ!私たちは12番目の選手なんだから!」
とそのおじさんに向かって言っていました。
(この人がこうした負の感情を露わにしたのは初めて見ました) 

そうですよね。
数字上の可能性がゼロになるまで、どんなに無理そうだって、
絶対に諦めない!

いや、ゼロになったって、選手が戦いつづける限り、力の限りサポートする!
サポーターの役目って、それだから。
サポートする人が、サポーターだから。

さあ行くぜ![パンチ] 


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

2015 J1 2nd第13節 松本山雅FCvs清水エスパルス [Home]

残り5試合。5位との勝ち点差5。
キツい事なんてわかってる。
でも、どんな状況だって出来る事は、次の事なんか考えず目の前の戦いにすべて注ぎ込んで勝利を掴みとること。
 
ここからは順位の近い、つまり残留を争うライバルたちとの戦いが続きます。
 
まずは今週。
清水エスパルスをアルウィンに迎えました。 
151003_0001.JPG
 
この日は娘の文化祭などもあって、待機列抽選には間に合わず。
抽選なしの先行入場には間に合い、入ったらもう予想通りいっぱい。
 
それでもフラフラしてたら、なんとラッキーにも前から3列目に空きを発見!!
すかさず確保してからメインのコンコース方面でふらついてると、ちょうど2台の選手バスが見えました。 
151003_0002.JPG
 
この日は、選手たちを鼓舞しようとUM企画のコレオが実施されました。
やるのは中央線のタイミングなんだけど、事前にサブコルリとかが説明してる時に
待ちきれずチラホラ出しちゃう人も(^^;)
 
そんな何かありそうな気配を察知してか、選手を送り出すスタッフがゴル裏気にする様子も(笑) 
151003_0003.JPG
 
そして、自分たちでは判らなかったけど、コレオはこんな出来栄え!!
すげーーーーーっっ!!! OneSou1!! 
151003_0019.JPG
画像はいただきものです。 
 
清水側も負けじとビッグフラッグ("LA12"ってなんだろ?)と、多数のフラッグ!
これはこれでキレイでした。 
151003_0004.JPG
 
さて試合。
清水と言えばこの人。
出番が最近減っていた、昨年の山雅戦士、犬飼智也。
大の仲良しだった岩沼とのマッチアップでした。
151003_0006.JPG
 
前線はオビナ1トップ。
前節お休みもあったので元気いっぱいでした。
・・・が、競り合い前にボールを見ず当たりにいってる、と主審に目をつけられ
「あそこと、あそこと、ここで、3回目だよ」ってイエローいただいてしまた・・ 
151003_0005.JPG
151003_0008.JPG 
 
試合は全体的にはいつもよりは押してる展開。
そして前田のドリブル仕掛けからPAすぐ外でFKをGet!
 
ここから、祐三がGKの手をかすめてクロスバー下をこすりネットを揺らす先制FK弾炸裂!! 
151003_0007.JPG
 
この素晴らしい一撃は、今節のベストゴールにノミネートされました。
この節のノミネートは、中村俊輔(横浜F)、中村憲剛(川崎)、と我らが岩上祐三! 
このスゲーメンバーに祐三が名を連ねるなんて!!
 
清水は前線の大前、ウタカ、チョンテセに効果的にボールが繋がらずイライラしてた模様。
チョンテセは喜山のマークにいらだち、極め付けは前半終了でホイッスルが鳴った後に
後ろから強く当たってイエロー。 次節出場停止だそうです。
151003_0009.JPG
 
後半もいくつかのチャンスがあるも決めきれない、というここ最近よくある展開。
祐三のポスト直撃FK、雄大のミドル・CKからのドンピシャヘッドも枠をとらえきれず。
 
・・・ハラハラして困るんですけど・・・
151003_0010.JPG
 
シュートのこぼれ球の浮き球に、きーやんが果敢にバイシクルで狙うもこれも枠外。 
151003_0011.JPG
 
こうなると終盤は基本戦術はキープしつつ前線をリフレッシュ、
オビナ⇒塩沢、前田⇒工藤。 走り回ってくれました。 
151003_0012.JPG
 
そして残り5分以降は勝ち切るのを試みます。
まあウチは「鹿島る」の、ヘタだねえ…慣れない事はやはりなかなかうまくいかず。 
151003_0013.JPG
 
1-0で臨むATもなんと4分も!!
湘南戦、G大阪戦が頭をよぎった人も多かったと思います。
 
選手もそうだったようで、気を引き締めて臨みそしてタイムアーーーーーーップ!! 
151003_0014.JPG
 
8戦ぶりの勝利を掴みました!!
 
この日はキレッキレのFK、CK、ドリブル突破(これまで見た事ない緩急つけた見事な武器!)、チェイシングを見せた 祐三でした! 
151003_0015.JPG
 
祐三「これから全部、全勝しましょう!!」
....(^^;)
 
両チーム、サポに挨拶を終えた後はワンちゃんが反さんに挨拶しに。
1分ほど話してたと思ったら、「ほら、挨拶してこいよ」とワンちゃんを促す。
親みたいな表情でした。 
151003_0016.JPG
 
終了後の山雅締め前では、コルリダも顔をくしゃくしゃにした笑顔を見せてくれました。151003_0017.JPG
 
そして久々にきく、 
♪このまーーまーーー(ジャカジャカジャカジャン!) どこかとおーーくーーー(ジャカジャカジャカジャン!)、
つーれーてえってーー(ジャカジャカジャカジャン!)、 くれーなーいいーかーー(ジャカジャカジャカジャン!)
 
「日曜日よりの使者」[るんるん]
なんかじんわり込み上げるものを感じました。 いいよねぇ・・(´▽`) 
 
 
この日コレオに使った紙。
帰り際にはもう帰った人の席に残されていたものもあり、あんな素晴らしいものを作り上げたのに、
これがただのごみとされてしまうのもなんか忍びなく思い、近くで放置されていたものを2枚ほど回収してきました。 
151003_0018.JPG
 
そんなのがあった一方、
私の友人は、アルプス一万尺やって戻ってきたら自分の紙が無くなっていたそうです。
私が放置されていたものを回収したのとは違い、持ち帰ろうとちゃんと他の荷物と一緒に置いておいたのに..。
 
ちょっと残念そうだにしていたので、1枚あげることにしました。
 
自分の掲げたものではないけど(色も違うらしい)、 このコレオに加わった証として思い出にしてもらえるといいかなあ、と思います。
 
 
 
さて、ここからは本当にまるでトーナメントのようなシビれる試合が続きます。
 
新潟(15位)⇒鳥栖(14位)⇒神戸(13位) そして最終節の横浜FM。
 
苦月は終わった。さあ、充月が始まったぞ!!
 
一歩一歩、雷鳥は上を目指して登っていきましょう! 
 
 
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。