So-net無料ブログ作成
検索選択

2015 J1 2nd第14節 アルビレックス新潟vs松本山雅FC [Away]

説明のいらない大一番。
自動降格圏を挟んだ直接対決。
勝てば勝ち点で並ぶ。負けると残り3試合(=Max勝ち点9)で勝ち点6差となる。

片道280㎞ほど、でもほぼ高速乗りっぱなので3時間強ほどの道。
朝8時半に出発、1つ手前の新潟西ICで降り、昼食&海鮮土産Getしての13時頃 
ビッグスワンへ乗り込んできました
151017_0001.JPG

ビッグスワンと言えば、2002日韓ワールドカップ開催時の競技場。
その記念館も内部に併設されています。
151017_0002.JPG 

キックオフ2時間前開場ながら、入場スピードは遅めで、おそらく全体の4分目あたりにいたと思われる我々が入場出来たのが開場から35分後ころ。

席確保した後、来場ポイントつけて中部日本横断シリーズスタンプラリーのスタンプ押して、外へスタグルで腹ごしらえに...なんて思ってゲート方面へ向かうと・・・

人が沢山集まってて、どうやら大一番に向け、久々の決起集会が開かれる模様!!
スタグルは後回しでこっちに合流。

SEE OFFから始まり、最後は地域時代を思い起こすような勝利の街での入場行進
途中、村山チャント横揺れverの練習も挟んで。ムラ横はアウェイ名物になるかもね(笑)
151017_0003.JPG

始まった17時20分過ぎ(開場後50分)時点でも、まだ多くの人が入場し切れていない事態でした。
3万、4万人という人を10年近くさばいてきた運営とは思えませんが・・・
ある意味アウェイの洗礼でしょうか(^^;) 

決起集会終わって目をつけてたスタグルへダッシュしたものの、長蛇の列となっていて断念。

でも入場時にはひとりひとつずつおにぎりいただきました。
スタグル断念したけどこれですきっ腹を抑えていざ戦いへ!
151017_0005.JPG

さあ、試合いくぜ!
151017_0007.JPG

試合の入りはあまり良くなかったけど、すぐに安藤の突破・クロスからのオビナ反転シュートも守られたりと盛り返す。 

相手の長身FW指宿にはきーやん他ハイボールでは飯ちゃんが、などで対応するものの、フィジカルすげかった。
151017_0008.JPG

この日は「長身FWを見に来た」とのハリルホジッチ代表監督もいました。
すみません、ウチの10番は帯同してませんよ( ̄▽ ̄)151017_0011.JPG 

前半、左からFKで祐三が蹴ろうとしたら、 
・・・まさかの照明トラブル!(写真右上のバクスタ上段)
かつて電力会社の名前をネーミングライツで背負ったスタとしてはちと恥ずかしいのでは(^^;)
151017_0009.JPG

どちらも必死。
新潟のセットプレーをクリアする際にオビナが相手と工藤をなぎ倒してクリアで、3人ダウンなんてシーンも。
151017_0010.JPG 

先発の前田。
オビナと2トップ的なポジション、ところどころ光るところは見せてくれたものの、
キツい新潟のプレスになかなか決定的なシーンを作れない。
151017_0012.JPG

祐三も相変わらずの運動量を見せるも、なかなかボールを収めきれず。
151017_0013.JPG

左サイドの安藤の上下運動量、攻撃参加でいいクロスを上げるなどの活躍もあったものの、得点には繋がらず。
151017_0015.JPG
151017_0017.JPG

反さん、考える。
151017_0016.JPG

2点先取された終盤、飯ちゃんをあげてパワープレーに出るもチャンスを作り切れず。
でも相変わらずの空中戦の強さでした。
151017_0019.JPG

途中出場の石原。
スピードに乗ったドリブルや突破を試みるものの、もう一層の強さ、体幹を鍛えて簡単に倒されないように
頑張って欲しいなあ。
151017_0020.JPG

結局、0-2のままゴールネットを揺らせずに試合終了・・・
151017_0021.JPG

一部苛立つ表情を見せた選手もいたものの、ここは抑えて次に向かわなきゃいけない。
151017_0022.JPG

バイバイ、ビッグスワン。
次に来る時は、必ずや勝ち点持って帰る!!
151017_0023.JPG

勝ち点3は新潟の手にわたり、新潟は一気に13位に順位をあげました。
6点差がついてしまいました。

残り3節。
最大で得られる勝ち点は9、最大到達点は36
理屈上は 15位神戸(32)、14位鳥栖(33)、13位新潟(33)、12位仙台(35)、11位甲府(36)までは
まだわからない訳です。 が、まあどっちにせよ他力本願ではあります。

考えたって仕方がない。

とにかく、ひとつひとつ目の前の戦いに勝つ事。
それを繰り返した先に、結果はついてくる。

試合終わった後、この日の遠征仲間の後方の席の年配の人が、
選手に向かっての罵声が吐かれていたようです。なにを言っていたのはハッキリわからないのですが、
それを聞いた仲間、普段温厚な方なのですが、声を荒げて

「サポがそんな事言ってちゃいけないでしょ!私たちは12番目の選手なんだから!」
とそのおじさんに向かって言っていました。
(この人がこうした負の感情を露わにしたのは初めて見ました) 

そうですよね。
数字上の可能性がゼロになるまで、どんなに無理そうだって、
絶対に諦めない!

いや、ゼロになったって、選手が戦いつづける限り、力の限りサポートする!
サポーターの役目って、それだから。
サポートする人が、サポーターだから。

さあ行くぜ![パンチ] 


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 2

mckee

お疲れさまです.よくお邪魔させていただいています.

『サポがそんな事言っちゃ駄目でしょ』『さあ行くぜ!』  
じーんときました.
気合いは入っていたけど、良いところが出せず仕舞で残念でした.
彼らが一番悔しいのです.(こっちも何回も夢にみてしまいますがね)

あと3戦…あの時とは厳しさは違うのは重々承知だけれど…
あの小林でのお船と飯ちゃんのGOALシーンを思い浮かべて
まだまだこれから!『さあ行くぜ!!』
by mckee (2015-10-19 10:45) 

hota

mckeeさん
あと3節、しょっぱなからフルアクセルで選手押しまくりましょう!
残り3戦で勝ち点差5をひっくり返すのは他力も含めた奇跡かも知れない。
でも、がんばりゃ必ず奇跡が起こせる訳じゃないけど、
諦めたら奇跡は起きない。奇跡を起こすために頑張りましょう!
by hota (2015-10-20 22:51) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。